アフィリエイト広告を利用しています

肉類・魚介類

ハンバーグがまとまらない!ボロボロ崩れる理由や対処法を徹底解説!

先日、家族が大好きな「ハンバーグ」を作ったんですが、なんとまさかの大失敗で、ハンバーグが「ボロボロ崩れる」という大惨事を引き起こしてしまったんです(・□・;)

ウソみたいに、全くまとまらなかった、ハンバーグ・・その理由はなぜ?

対処法も知りたーい!

 

・・ってことで今回は、ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる理由や対処法を徹底調査!

ハンバーグが崩れてしまったときの「リメイクレシピ」と合わせて、ご紹介していきたいと思います。

 

この記事でわかること

  • ハンバーグがまとまらない理由
  • ハンバーグがまとまらない時の対処法
  • ハンバーグが崩れた時のリメイクレシピ

ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる理由は?

ハンバーグ

ハンバーグがまとまらない、ボロボロ崩れる理由には

  • こねが足りない
  • 成型の仕方が悪い
  • 玉ねぎが多い
  • つなぎが少ない
  • 水分が多い
  • ひき肉の温度が高い
  • 裏返すタイミングが早い

などが考えられます。

 

けっこうありますね汗、ひとつずつ見ていきましょう☆

理由①こねが足りない

ハンバーグのタネの「こねが足りない」と、まとまらない&ボロボロ崩れるハンバーグになる可能性があります。

 

ハンバーグのタネは粘りが出るまでしっかり混ぜることが大切で、例えば、スプーンなどで混ぜただけ、または手で何回か混ぜただけでは、タネの中に空気が残り、空洞ができてまとまらない原因になってしまうんです。

 

また、こね不足は、ハンバーグのダネが柔らかくなりすぎてしまう為、崩れてしまう可能性もありますよ( •⌄• )◞

理由②成型の仕方が悪い

ハンバーグダネを成型した際、表面に亀裂が入っていると、そこからボロボロ崩れることもあります。

 

ハンバーグダネは成型したら、表面をなめらかにならして亀裂が無い状態にすることが大切で、さらに、成型後は真ん中を凹ますことも重要で、凹まさずに焼いてしまうと

真ん中が膨らむ→亀裂が入る→ボロボロ崩れる

となってしまうので要注意ですよ☆

理由③玉ねぎが多い

ハンバーグダネの玉ねぎが多い、また玉ねぎの大きさが大きいことも、まとまらない&ボロボロ崩れる理由になります。

 

玉ねぎが多かったり、大きかったりすると、ハンバーグダネの中で空洞がたくさんできてしまい、まとまりずらくなってしまうんです。

 

特に、玉ねぎの大きさについては「生の玉ねぎ」を使う場合は注意が必要で、炒めた玉ねぎであれば柔らかいので、大きくてもそれほど問題はないのですが、生の玉ねぎは固い為、空洞ができやすく亀裂が入りやすくなってしまいます。

 

なので、ハンバーグに入れる玉ねぎは、小さめのみじん切りにするのが◎になりますよ・・

ってことで、みじん切りに便利なこちらはいかがでしょうか!

 

みじん切り器「ぶんぶんチョッパー」です。

これは、もうかなりメジャーなキッチンアイテムになりますよね。

 

テレビなどでも度々登場していますが、具材を入れてぶんぶんひっぱるだけで、わずか8秒でみじん切りができちゃう優れもの◎

一度持ったら、手放せなくなると人気沸騰のアイテムです。

 

これ、実は私も最近使い始めたんですが、かなり便利ですよ~。

もう包丁でのみじん切りは「絶対にイヤ」っていう気持ちです。笑

 

ぶんぶんチョッパーで、ハンバーグの玉ねぎも細かくカット!

きれいにまとまるハンバーグを作ってくださいね(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

理由④つなぎが少ない

ハンバーグダネにパン粉などのつなぎを入れていない、または量が少ないことでも、まとまらない理由となります。

 

つなぎが少ないとタネがまとまりにくくなり、結果、ボロボロ崩れる原因となってしまうんです。

ひき肉の量に合った、またはレシピ通りのつなぎの量を入れることも、崩れないハンバーグを作る為のポイントになりますよ◎!

理由⑤水分が多い

ハンバーグダネの水分が多いと柔らかくなってしまう為、まとまらない&ボロボロ崩れるハンバーグになる可能性があります。

 

例えば、レシピに「卵1個」とあっても、大きい卵の場合は黄身だけを入れる、または牛乳の量を減らすなどで、水分量を調節するのが◎

また、玉ねぎはしっかり炒めて水分を飛ばす、生の玉ねぎの場合は水分をしぼってから入れるなども大切で、特に、新玉ねぎは水分を多く含むので注意が必要ですよ(⑅•ᴗ•⑅)

理由⑥ひき肉の温度が高い

ハンバーグダネに使う「ひき肉」の温度が高いと

ひき肉の「脂」が溶け出す→タネが柔らかくなる→まとまらない&ボロボロ崩れるハンバーグになる

という可能性もあります。

 

ひき肉の温度が高くなる理由としては

  • 長時間こねすぎた
  • 手の温度が高い
  • 炒めた玉ねぎを冷まさずに入れた

などが考えられますよ☆

理由⑦裏返すタイミングが早い

ハンバーグを焼く際、裏返すタイミングが早いと、亀裂が入りボロボロ崩れる原因となります。

「しっかりと焼き色がついたことを確認してから裏返す」ことも、大切なポイントですよ(﹡ˆᴗˆ﹡)

ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる!対処法を解説!

ひき肉

ハンバ-グがまとまらない、またボロボロ崩れるのを防ぐ対処法は?というと

  • しっかりこねる
  • 丁寧に成型する
  • 玉ねぎの入れ方に注意する
  • つなぎを入れる
  • ひき肉の温度を高くしない
  • 焼き方に注意をする

などがあります。

 

詳しく解説させて頂きますと・・

対処法①しっかりこねる

ハンバーグダネが崩れないようにするには、しっかりこねることが大切!

手順としては

  1. ひき肉は冷蔵庫で冷やしておく
  2. ひき肉に塩を入れて、粘りが出るまでよくこねる(塩の量は、ひき肉200gに対して小さじ1/3程)
  3. 他の材料を入れて、全体がひとつになり粘りが出るまでよくこねる

になります。

 

塩には、ひき肉の脂肪分を乳化させる作用がある為、最初に塩とひき肉だけでこねることで、粘りのあるタネになるんです。

 

また、しっかりこねることも大切ですが、こねすぎてしまうとひき肉の温度が高くなってしまうので注意が必要。

目安としては

  • ひき肉の脂身と赤身が混ざっている
  • 全体的に白っぽくなっている
  • 持ち上げた時に、少し繊維の糸が引く

などで、トータル3分程を目安にこねるのが◎になりますよ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

対処法②丁寧に成型する

ハンバーグダネは、丁寧に成型することも大切なポイントです。

具体的には

  1. タネを丸めたら両手でキャッチボールするように叩きつける
  2. 俵型に成型する
  3. 真ん中を凹ませる
  4. 表面をなめらかにする

が◎!

 

また、成型したハンバーグダネは冷蔵庫でしばらく休ませるのが◎で、焼く直前に冷蔵庫から出すのがおすすめですよ。

対処法③玉ねぎの入れ方に注意する

まとまらない&ボロボロ崩れるハンバーグにしない為には、玉ねぎの入れ方にも注意が必要。

 

先程もお伝えしましたが、玉ねぎが大きい、また入れすぎはNGになります。

じゃ、どのくらい玉ねぎを入れるのが◎なのかと言いますと、レシピにもよりますが目安としては「ひき肉200gに、玉ねぎ1/8個以下」でOK。

入れ過ぎるとボロボロ崩れる原因となってしまうので、注意をしましょう。

 

また、玉ねぎの水分はしっかり飛ばしてから入れることも、大切なポイントですよ(๑•᎑•๑)

対処法④つなぎを入れる

ハンバーグダネには、つなぎをしっかり入れることも大切!

 

ハンバーグのつなぎといえば「パン粉」が基本ではありますが、パン粉が無ければ

  • 小麦粉
  • 片栗粉
  • ちぎった食パン
  • お麩
  • おから
  • すりおろした高野豆腐
  • とろみが強いソース(お好み焼きのソース、中濃ソースなど)

でもOK

 

つなぎを入れることで、柔らかすぎるのを防ぐこともできるので、まとまらない&ボロボロ崩れないハンバーグになる他、つなぎが肉汁を吸ってくれるのでジューシーなハンバーグになりますよ(ღˇᴗˇ)。o♡

対処法⑤ひき肉の温度を高くしない

先程「ハンバーグがまとまらない理由」の項目でもお話ししましたが、ひき肉の温度が高くなってしまうと、脂が溶け柔らかくなり、まとまらない&ボロボロ崩れるハンバーグになっていまいます。

 

なので、ひき肉の温度を上げないようにすることが大切で、具体的には

  • 長時間こねない(トータル3分程におさめるのが◎)
  • こねる際は、手の温度が伝わらないようにビニールの手袋をする
  • 手を氷水などで冷やしてからこねる
  • 炒めた玉ねぎは、しっかり冷ましてからタネに入れる

などに気を付けるのが◎

 

また、作る直前までひき肉を冷蔵庫に入れておく、成型したハンバーグは冷蔵庫で休ませるなど、ひき肉やタネを長時間常温に置かないことも大切ですよ☆

対処法⑥焼き方に注意をする

ハンバーグがボロボロ崩れるのを防ぐ為には、焼き方も重要!

ポイントは「最初に表面を焼いて、焼き固めてしまうこと」で、そうすることで、形が崩れにくくなるんです。

 

具体的には

  1. ハンバ-グの凹ませた方を下にして、中火で加熱する
  2. 焼き色が付いたら、ひっくり返して、裏面も中火で加熱する
  3. 裏面の焼き色が付いたら弱火にしてフタをし、じっくり中まで加熱する

になります。

最初に凹ませた方を下にして焼くことで、ハンバーグが膨らんだ際に、割れて崩れることを防ぐことができますよ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

ハンバーグが崩れたら?リメイクレシピをご紹介!

もし、ハンバーグが無残にも崩れてしまったら、、、ご安心ください!

崩れてしまったハンバーグを、美味しくリメイクできちゃうレシピはたくさんあります。

いずれも、崩れたハンバーグを、さらに崩してからリメイクしてくださいね☆

ドライカレー

崩れたハンバーグは、そのまま崩してドライカレーにするのがおすすめです。

玉ねぎはすでに入っているので、ピーマンやニンジンなど、お好きな野菜をみじん切りにして加えればOK!

 

味付けの目安は、ハンバーグダネ250~300gに対して

  • カレー粉 大さじ1
  • コンソメ 1個
  • ウスターソース 大さじ2
  • ケチャップ 大さじ2
  • 塩 小さじ1

程度が◎(目安なので、調節してくださいね)

 

レトルトカレーがあれば、レトルトカレーで煮込んじゃっても良いかも。

ハンバーグと同様に、カレーも人気が高いメニューなので、ご家族もきっと満足するはずですよ♪

ミートソース

崩れたハンバーグは、ミートソースにリメイクしても◎!

トマト缶で煮込んで、ケチャップやソース、コンソメなどで味を付ければOK。

 

ミートソースはパスタでも美味しいですが、ごはんにかけてチーズを乗せ、トースターで焼いてドリアにするのもおすすめです。

また、チリソースやカレー粉をプラスすればタコミートにもなるので、ごはんにレタスやトマト、チーズなどと一緒に乗せて、タコライスを楽しむのもおすすめですよ(。•ω- 。) ⌒♡

肉みそ

崩れたハンバーグは、中華風の「肉みそ」にしてもgood

 

調味料の目安は、ハンバーグダネ300g程に対し

  • 赤味噌 100g
  • 酒 大さじ3
  • 砂糖 大さじ4
  • だし汁 大さじ3
  • オイスターソース 大さじ3
  • 豆板醤 大さじ1~2

になります(あくまで目安なので、調節してくださいね)

ねぎやショウガ、ニンニクのみじん切りをプラスすれば、さらに本格的になりますよ。

 

作った肉みそは、中華麺にかけて冷やし中華のようにして食べても良いですし、温野菜やお豆腐にかても美味しいですよ◎!

麻婆豆腐

崩れたハンバーグは、麻婆豆腐にリメイクするのもおすすめです。

  1. ハンバーグをさらに細かく崩す
  2. 長ネギ、生姜、ニンニクなどと炒める
  3. 味付けをする(目安:鶏がらスープ150CC、酒大さじ1~2、しょうゆ大さじ2、砂糖小さじ1~2、味噌大さじ1、あれば豆板醤、甜面醤)
  4. 水溶き片栗粉でとろみをつける
  5. 豆腐を入れて少し煮込む

で、OK

 

豆腐ではなく、茄子を入れれば「麻婆茄子」になりますし、春雨にすれば「麻婆春雨」になります。

味付けは、中華といえばの「CookDo」に頼っちゃうのもアリですよね。

 

味の素「 CookDo 麻婆豆腐 広東式」です。

オイスターソースを使用し、コク深い味が楽しめる広東式の麻婆豆腐の素。

これさえあれば、味付けはもちろん、とろみもついちゃう頼もしさ◎

 

麻婆豆腐の素って色々市販されていますが、私も家族もこの麻婆豆腐の素が1番のお気に入りです。

常備しておけば絶対便利!

崩れたハンバーグを美味しくリメイクしてくださいね٩꒰。•◡•。꒱۶

ガパオライス

ガパオライス

崩れたハンバーグは、ガパオライスにリメイクするのもアリ!

 

ガパオの味付けは

  • オイスターソース 大さじ2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • ナンプラー(薄口しょうゆでも◎) 小さじ2
  • 砂糖 小さじ1.5~2
  • 水 大さじ5

なので、ハンバーグダネの量に合わせて調節するのが◎。

 

ごはんの上に乗せて、バジルや目玉焼きを添えればオシャレなタイ料理のできあがり♪

誰も「ハンバーグが崩れたから作った」とは、思わないはずですよ(๑•ω-๑)

そぼろ

崩れたハンバーグは、しょうゆやみりん、お酒、砂糖で味付けして「そぼろ」にするのもおすすめです。

炒り卵と一緒にごはんの上に乗せてもOKですし、じゃがいもやかぼちゃ、里芋などと煮て「そぼろ煮」にしてもgoodですよ☆

オムレツ

崩れたハンバーグは、しっかり炒めて卵で包みオムレツにリメイクにしてもOK!

ごはんと一緒に炒めて、ケチャップやソースで味付けしてから卵で包めば「オムライス」にもなっちゃいますよ٩(๑> ₃ <)۶

炒飯や焼きそば

崩れたハンバーグは、炒飯や焼きぞば、焼きうどんなどの具材にしても◎

お好きな野菜をプラスすれば、栄養価がグッと高まりますし、食べ応えもアップします。

 

我が家の焼きそばや焼きうどんは「ひき肉」で作るのが定番なんですが、麺とよくからむのでとっても美味しいのでおすすめですよ♪

コロッケ

崩れたハンバーグは、コロッケにリメイクしてもgood

蒸して潰したじゃがいもと混ぜ、成型したら小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げればOK

じゃがいもではなく、かぼちゃで作っても美味しいですよ(⁎˃ᴗ˂⁎)

ハンバーグ
ハンバーグが柔らかすぎる!焼いた後のリメイクレシピや原因・対処法も詳しく解説!家族が皆、ハンバーグ大好きで、お誕生日などのお祝い事はもちろん、クリスマスやお正月など、何かって言うとハンバーグを作っている、私。 ...
エビマヨ
エビマヨに練乳はなぜ?代用品や人気の本格レシピもご紹介!私も家族もエビとマヨネーズが大好き、イコール「エビマヨ」が大好物♡ なので私、エビマヨを上手に作りたいと、常々思っているんですけど...

まとめ

ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる理由や対処法などを見てきました。

 

<ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる理由は?>

ハンバーグがまとまらない、ボロボロ崩れる理由には

  • こねが足りない
  • 成型の仕方が悪い
  • 玉ねぎが多い
  • つなぎが少ない
  • 水分が多い
  • ひき肉の温度が高い
  • 裏返すタイミングが早い

などが考えられる

 

<ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる時の対処法>

ハンバ-グがまとまらない、またボロボロ崩れるのを防ぐ対処法は

  • しっかりこねる
  • 丁寧に成型する
  • 玉ねぎの入れ方に注意する
  • つなぎを入れる
  • ひき肉の温度を高くしない
  • 焼き方に注意をする

など

 

ハンバーグがまとまらない&ボロボロ崩れる理由が分かってスッキリしました。

ハンバーグって、色々コツが必要なんですね。

 

みんなが大好きなハンバーグですから、心を込めて丁寧に作るのが◎!

ご家族で、きれいにまとまったハンバーグの味をじっくり堪能しちゃいましょう╰(*´︶`*)╯♡

error: Content is protected !!