アフィリエイト広告を利用しています

その他

ハーブティーの水筒での酸化を防ぐ方法!おすすめの持ち歩きボトルもご紹介!

最近、ハーブティーにハマっている、私。

家でのティータイムは、もっぱらハーブティーオンリーで、色んな種類を飲んではホッコリ癒されています。

でね、会社や外出先でも、この癒しを味わいたいと思って、ハーブティーを水筒に入れて持ち歩こうと考えていたんですが、聞くところによと、ハーブティーを水筒で持ち歩くと「酸化」してしまうのだとか(´-﹏-`;)

何とかして、ハーブティーを水筒で持ち歩く方法はない?

ハーブティーの酸化を防ぐ方法が知りたーい!

 

・・ってことで今回は、水筒に入れたハーブティーの酸化を防ぐ方法を徹底調査!

ハーブティーにおすすめの「持ち歩きボトル」なども、詳しく調べてみました。

 

この記事でわかること

  • ハーブティーが水筒で酸化する理由
  • 水筒に入れたハーブティーの酸化を防ぐ方法
  • おすすめの持ち歩きボトル

ハーブティーが水筒で酸化する理由は?

ステンレスの水筒

ハーブティーが水筒で酸化する理由は

  • ハーブティーが高温であること
  • ハーブティーが酸素(空気)に触れていること

にあります。

水筒に温かいハーブティーを長時間入れていることで、ハーブティーに含まれる「抗酸化作用」が熱に反応して、酸化が進んでしまうんです。

 

さらに、ハーブティーは空気中の酸素に触れることで、より酸化が促進されてしまうんですが、水筒に入れたハーブティーは揺れますよね?

揺れることで、空気中の酸素に触れる機会が増え、より酸化しやすくなってしまうというわけです。

 

でもって、ハーブティーは酸化するとどうなるのか?といいますと・・

ハーブティーは酸化するとどうなる?

ハーブティーは酸化すると

  • 渋みが出る
  • 味が変わる
  • 香りが変わる
  • えぐみが増す
  • 雑味が増す

などになります。

 

ただ、酸化しているからといって、体に害があるわけではなく、味はまずくなっているものの飲んでも問題はありません。

とはいえ、栄養価は落ちていますし、直接口をつけて飲む水筒の場合、口内の菌が水筒内に入っている可能性があり、これにより腐敗している可能性もあるので注意は必要!

 

じゃ、この水筒のハーブティーがどれくらいの時間で酸化してしまうのかといいますと・・

ハーブティーが酸化する時間

水筒に入れたハーブティーは「4~5時間以内」に飲み切るのが◎になります。

それ以降、時間が経過してしまうと酸化や劣化する可能性があるからです。

 

また、酸化とは異なりますが、ハイビスカスなど「酸」を含むハーブティーの場合、金属製の水筒に入れると酸と金属が反応してしまうので、プラスチック製の水筒に入れるのがおすすめですよ◎!

 

でね、そもそもハーブティーって「茶葉の状態でも酸化しやすい」という特徴があるんです。

ハーブティーは未開封であれば1年程の賞味期限になりますが、開封後は2ヶ月以内に飲み切るのが◎になります(フレッシュハーブの場合は、入手してから3日以内)

 

また、後の項目でご紹介させて頂きますが、ハーブティーの茶葉は「きちんと管理すること」も酸化させない為には大切になりますよ(⑅•ᴗ•⑅)

ハーブティーの水筒で酸化を防ぐ方法

ハーブティー

水筒に入れたハーブティーの酸化を防ぐ方法には

  • 水筒には冷たいハーブティーを入れる
  • 熱湯を入れた水筒とティーバッグを持ち歩く
  • 冷たい&濃いめのハーブティーを水筒に入れてお湯で割る
  • 新鮮なハーブティー(茶葉やティーバッグなど)を使う

などがあります。

 

ひとつずつ詳しく見ていきましょう☆

酸化を防ぐ方法①水筒には冷たいハーブティーを入れる

水筒にハーブティーを入れて持ち歩きたい場合は、冷たいハーブティーにするのが◎!

ハーブティーの抗酸化作用は、熱に反応して酸化してしまうので、冷やすことで酸化のスピードを抑えることができるんです。

 

プラス、できるだけ早く冷やすことも大切で、具体的な方法としては

急速冷蔵

  1. 耐熱性のある密閉容器に温かいハーブティーを入れる
  2. ボウルに氷水を入れて、1の密閉容器を入れる
  3. 転がしながら、一気に冷ます
  4. しっかり冷めたら、水筒に入れる

氷を入れる

  1. 水筒に8分目くらいまで氷を入れる
  2. 濃いめに作ったハーブティーを水筒に入れる

水出しのハーブティーを使う

ハーブティーの中には、水出しで作れるものもあるので、水出しで作って、水筒に入れるのもおすすめです。

例えば、水出しOKのハーブティーはこちら

 

生活の木の「水出しできる おいしいハーブティーレモンとライム」です。

ハーブといえば・・の「生活の木」のハーブティーは、お湯出しはもちろん、水出しも可能な便利なハーブティーになります。

 

水出しの場合「抽出時間に1~2時間ほどかかる」というデメリットもありますが、時間がある時は試してみるのもアリ!

美味しい&簡単なハーブティーを、ぜひご賞味くださいね(๑•᎑•๑)

酸化を防ぐ方法②熱湯を入れた水筒とティーバッグを持ち歩く

出先で「温かいハーブティーが飲みたい」、そんな場合は、お湯を入れた水筒と、ハーブティーのティーバッグを持ち歩くと◎!

飲む際にティーバッグを入れれば、温かい、しかも淹れたてのハーブティーを楽しむことができますよ♡

酸化を防ぐ方法③冷たい&濃いめのハーブティーを水筒に入れてお湯で割る

出先で温かいハーブティーを飲みたい場合は、水筒に冷たい、且つ濃いめのハーブティーを入れるのもアリ!

で、職場などの出先に、お湯があれば、冷たいハーブティーをお湯で割る、もしくは電子レンジがあれば、レンジでお湯を作ってもOK。

 

もし、お湯もレンジもなければ、水筒を2本用意して、1本は冷たい&濃いめのハーブティーを入れ、もう1本にはお湯を入れて、飲む際に割るという方法もあります。

 

ただ、いずれの場合も、出先にマグカップなどがある、またはコップ付の水筒であることが必須条件になりますよ(⁎˃ᴗ˂⁎)

酸化を防ぐ方法④新鮮なハーブティー(茶葉やティーバッグなど)を使う

ハーブティーを水筒に入れて持ち歩く場合、新鮮なハーブティーを使って入れることも、実はとても大切になります。

 

先程もお話ししましたが、ハーブティーの茶葉自体とても酸化しやすく、この酸化したハーブティーを使ってしまうことで、水筒内のハーブティーも酸化しやすくなってしまうからです。

 

なので、水筒のハーブティーの酸化を防ぐ方法としては、ハーブティーの日頃の保存管理の方法にも注意が必要になります。

具体的には

冷暗所に保存する

ハーブティーは、冷暗所に保存するのが◎

冷暗所とは

  • 直射日光が当たらない
  • 涼しい
  • 湿気が少ない
  • 温度の変化が少なり

場所のこと。

 

直射日光が当たるなど、高温の場所にハーブティーを保存すると、酸化が進みやすくなるのでNGになります。

夏場や梅雨時などは、冷蔵庫の野菜室などに保存するのもおすすめですよ!

密閉容器に入れて保存する

ハーブティーの茶葉やティーバッグは、空気を遮断できる密閉容器に入れて保存するのが◎。

空気に触れることで酸化が進んでしまうので、しっかり密閉することが大切になるんです。

 

例えば、おすすめの容器がこちら

 

木製の保存容器「茶葉入れ」です。

こちらの保存容器は木製でありつつ、パッキンが付いているので密閉性も◎!

パッキンは取り外せるので、洗うこともでき衛生面でも安心な保存容器になります。

 

なんといっても、見た目オシャレですよね~。

オシャレな木製の密閉容器にハーブティーを保存して、安心&美味しく味わっちゃいましょう♪

 

ちなみに

  • 一緒に「乾燥材」を入れておく
  • 購入日や賞味期限などをラベルに書いて貼っておく

と、なお安心ですよ(*´ー`*)

少しずつ購入する

ハーブティーを購入する際は、少量ずつこまめに買うのが◎になります。

一度にたくさん買ってしまうと、なかなか飲み切れず酸化させてしまう可能性が高いからです。

 

1~2ヶ月に1度買い替えるくらいのペースがおすすめですよ☆

ハーブティーの水筒におすすめの持ち歩きボトルはコレ!

次に、ハーブティーにおすすめの持ち歩きボトルのご紹介です。

おすすめの持ち歩きボトル①マックマー Twin Cap Bottle

 

マックマーの「Twin Cap Bottle 500ml」です。

ステンレス製のストレーナー付きのこちらの水筒は、ハーブティーや紅茶、お茶、コーヒーなどが出先でも楽しめ、お湯出しでも水出しでもOKな優れもの◎!

 

その名の通り「ツインキャップ」になるので、使い方は

  1. ストレーナーに茶葉を入れて、フタを閉める
  2. 水筒をひっくり返して、反対側のフタを開けてお湯や水を注ぐ

で、OKになります。

 

飲み切れない場合は、フタをしっかり閉めて、ストレーナーの部分を上にしておくと、飲み物の味が悪くなる心配はありません。

「とても使い勝手が良いアイディア商品」と、口コミでも人気が高い持ち歩きボトルになりますよ◎♪

おすすめの持ち歩きボトル②ハリオ フィルターインボトル

 

ハリオの「フィルターインボトル ポータブル 400ml」です。

耐熱ガラスが使われている「茶こし付き」の持ち歩きボトルになります。

 

樹脂製でとても軽いので持ち歩きにgoodなところと、透明でハーブティーの色味が分かることころが人気の理由!

プラス、デザイン性がありオシャレで洗いやすいと、口コミでも高評価の水筒になります。

 

フルーツを入れてフルーツティーを楽しむのもアリ!

オリジナルの美味しいハーブティーを、たっぷり楽しんでくださいね*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

おすすめの持ち歩きボトル③ パオ サーモマグスリム

 

パオの「サーモマグスリム 茶こし付き 240ml」です。

めちゃめちゃオシャレなこちらの水筒は、雑誌ananでも紹介された人気の商品。

茶こし付きで、外出先でも手軽にお茶が楽しめる持ち歩きボトルになります。

 

茶こし付きではありますが、ハーブティーを入れる場合は

  1. 水筒本体に茶葉を入れて、お湯を注ぎフタをしっかり閉める
  2. そのまましばらく置いて、好みの濃さになったら、透明のフタだけ外して、茶こしでこしながらカップなどに注ぐ

で、OK

オフィスなどの出先でも、淹れたてれの美味しいお茶やハーブティーが飲めると人気の水筒になります。

 

やっぱり見た目がオシャレで可愛いのって、テンション上がりますよね~◎

オシャレな持ち歩きボトルで、美味しいティータイムを満喫しちゃいましょう٩(*´꒳`*)۶°˖✧

水筒
水筒から洗剤の味がする!対処法や洗剤残りを飲んだ場合についても!我が家の夫は、毎日水筒持参で出勤しているんですけどね、時々「水筒から洗剤の味がする・・」って言うんです。 えー?!水筒から洗剤の味...
ステンレスの水筒
ブリタ水筒は雑菌でまずい?正しい洗い方や臭いの取り方も詳しく解説!健康や美容の為に、毎日「お水」を飲んでいる、私。 でね、外出先でも、美味しいお水を飲みたいと思っていたところ「ブリタ水筒」なるもの...

まとめ

ハーブティーの水筒で酸化を防ぐ方法や、おすすめの持ち歩きボトルなどを見てきました。

 

<ハーブティーの水筒で酸化を防ぐ方法は?>

水筒に入れたハーブティーの酸化を防ぐ方法は

  • 水筒には冷たいハーブティーを入れる
  • 熱湯を入れた水筒とティーバッグを持ち歩く
  • 冷たい&濃いめのハーブティーを水筒に入れてお湯で割る
  • 新鮮なハーブティー(茶葉やティーバッグなど)を使う

などがある

 

<おすすめの持ち歩きボトル>

おすすめの持ち歩きボトルには

  • マックマー Twin Cap Bottle
  • ハリオ フィルターインボトル
  • パオ サーモマグスリム

など

 

水筒にハーブティーを入れる際は、酸化させない為に、いくつかポイントがありましたね。

それでもやっぱり、体と心に優しいハーブティーを外出先でも楽しみたい♪

ひと手間かけて、いつでも&どこでも美味しいハーブティーを堪能しちゃいましょう(ღˇᴗˇ)。o♡

error: Content is protected !!